ボルベットとは?

ボルベットとは?

TOP > What’s BORBET

What's BORBET

THE REASON...ボルベットが世界で受け入れられる  その理由

世界でも有数の工業国として知られるドイツ。中でも自動車に関する工業製品は、優秀であるとともに、魅力あるブランドとして世界でも垂涎の的である。また、スピード無制限でその名を馳せるアウトバーンがある。

近年、250km/h自主規制が施行されたとはいえ、タクシーでさえ190km/hオーバーで走る姿を見かけることに変わりはなく、郊外にいたっては従来のアウトバーンの姿がそのまま見られる。また、冬期は日本の比較にならない量の融雪剤が散布され、ある意味ドイツは車にとって過酷な使用環境にあると言える。当然、アルミホイールにもその使用環境を満たす品質を備えていなくてはならない。

ドイツにおいてボルベットは数年前から、アルミホイールのアフターマーケットにおいてトップクラスの販売を誇るようになった。これは言い換えれば、市場にもっとも信頼されているアルミホイールであるとも言える。世界の名立たる自動車メーカーへの供給、アフターマーケットでの絶大なる支持。この実績に裏づけされたボルベットこそ、ドイツを代表するアルミホイールと言えよう。

GLOBAL  グローバル

ドイツ国内を中心に、全世界7つの拠点で展開。成長し続けるボルベットグループ。

起業より120余年もの間、ドイツ国内において製造拠点の拡大や増加を行い、着実に成長してきたボルベット社は、近年ドイツ国内にとどまらず、世界へと視野を広げてきた。

ヘスボンから始まり、メデバッハ、ゾーリンゲンと拡充。チューリンゲンにドイツ最新最大の工場を稼働させた。さらには南アフリカ、アメリカ・アラバマ州まで進出するなど、ボルベットグループとして世界規模での広がりを見せる。もちろん、器が大きくなっただけでなく、中身も今まで以上に伴っていることは、ボルベットの製品を見れば明らかだ。

今も昔も製品づくりに対する姿勢は変わらない。

製造拠点
ボルベット/ヘスボン

ボルベット/ヘスボン

ボルベット/メデバッハ

ボルベット/メデバッハ

ボルベット/チューリンゲン

ボルベット/チューリンゲン

ボルベット/ゾーリンゲン

ボルベット/ゾーリンゲン

AGG/オーストリア

AGG/オーストリア

ボルベット/南アフリカ

ボルベット/南アフリカ

ボルベット/アメリカ・アラバマ州

ボルベット/アメリカ・アラバマ州

PAGETOP

FACTORY  ファクトリー

先進のオートメーションマシニングシステムと、ヒューマンパワーからなるこだわりの製品づくり。

メーカーである以上、そのこだわりがもっとも表れているのが製造工程だろう。これはボルベットといえども例外ではない。その巨大な工場の中は、製造工程のほとんどがオートメーション化されている。これは均質に大量生産するためのものだが、工場で働く人の危険を極少にし、安全に働いて欲しいという配慮も含まれている。システマティックにアルミホイールが製造されていく様子は圧巻だ。素材のアルミニウムの選択から始まり、鋳造、X線検査、特殊な機械によるサイズチェックなど、初期段階から徹底した品質管理を行う。続いて熱処理で強度を高め、様々な角度からバランスを調整し、オーブン処理・シルバー塗装・クリアコートの耐久性に優れた3層構造の高品質塗装、などモノづくりへのこだわりは枚挙に暇がない。しかし、完全なオートメーションに頼りきりではなく、重要な部分は1本1本人の手によって作業が行われる。これは、人間の持つ感覚やエモーショナルな部分を重要視する、ボルベットらしいこだわりだと言える。これらのこだわりやメーカーとしての哲学・思想など、全てのことが絶妙に重なりあって製品に表れていることが、自動車メーカーやアフターマーケットで受け入れられている理由のひとつである。

PAGETOP

CUSTOMER  カスタマー

世界の名立たる自動車メーカーの、純正ホイールを供給。

ボルベット社は、BMW、フォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツ、ジャガー、ロールスロイス、フォード、ボルボ、プジョーなどをはじめとするヨーロッパの主要自動車メーカーに供給しているヨーロッパ最大のホイールメーカーである。自動車メーカーに供給することは並大抵のことではできない。それは各自動車メーカーによって異なる高い品質基準をクリアしなくてはならないからだ。

ボルベット・アルミホイールはその高い品質基準をクリアし、長年にわたり純正ホイールを供給をし続けている。そこで培った技術力と高い品質は、アフターマーケット向けのアルミホイールにも十分に活かされている。

PAGETOP

QUALITY  クオリティ

世界数々の厳しい品質基準をクリアする徹底した品質管理。

ヨーロッパは品質基準や環境対策に厳しいことで知られている。中でもドイツはその傾向が顕著に見られる。その厳しい基準の中、ボルベット・アルミホイールは、ヨーロッパの品質基準であるTUVをはじめ、ISO / TS 16949やISO 14001を取得し、さらには各種品質基準を満たした製品を供給している。

製造するアルミホイールも、素材となるアルミニウムの素材にも徹底的にこだわり、また、製造過程において強度やバランス、塗装などあらゆる角度からの調整も怠りはない。オートメーションによる大量生産ではあるが、1本1本一貫して徹底した品質管理が行われている。

All plants are certified according to ISO / TS 16949,ISO 14001 and ISO 9001.
  • 証明書1
  • 証明書2
  • 証明書3
The Borbet History
2008 USA 「ATS-Alabama Inc.,」社をグループ化。”Borbet Alabama,Inc.” を設立。
2004 フランス「SRF」社をグループ化。
2003 ドイツ・チューリンゲンに新工場の建設開始。南アフリカ・ポートエリザベスにある「AWI」社をグループ化し、ボルベット南アフリカ工場とする。
2001 ドイツ・ゾーリンゲンにある「クロンプリンツ」社をグループ化。
1998 ドイツ・メデバッハに新工場の建設開始。
1996 オーストリア「AAG」社をグループ化。主要自動車メーカーへのアルミホイールOEM供給を開始。
1989 ドイツ・ミュンヘン近郊の「CW」社をグループ化。
1977 軽量アルミホイールの生産を開始。
1962 ドイツ・ハーレンベルグにあるヘスボンに本社を設立。砂型鋳造、型鋳造、後に低圧型鋳造を加え、生産を拡大。
1928 アルミニウムの鋳造を開始し、生産を拡大。
1881 グスタフ・ ボルベットが、真鍮の鋳造所「BORBET社」を設立。

PAGETOP

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ティー・エー・エス:輸入車用ホイールを中心とした各種自動車アフターパーツを展開

PAGETOP

  • フリーダイヤル 0120-520-005
  • FAX 0561-75-7101

お問い合わせ 受付時間  平日9:15~18:00

メールでお問い合わせ

〒470-0136 愛知県日進市竹の山一丁目1508番地