タスカルタスカル

Blog

ブログ

未分類

2021.10.11

smartline 365 (スマートライン サンロクゴ)のホイール展示について

スマートライン365の展示

smartline 365は(株)ティー・エー・エスが新たに立ち上げたブランドのホイールです。

新ブランドのホイールの実物をご覧いただけるよう、一部店舗にてホイールの展示を行っております。

ここではその展示につきましてご紹介いたします。

365サンプル展示店舗について

smartline 365は、多くの店舗にて左の画像の展示キットと共に展示されています。

smartline365を展示している店舗は、ブリヂストン系列の「タイヤ館」「コクピット」の対象店舗471店舗となります。(21年10月現在)

当サイトの店舗検索の中で「smartline365展示店」と記載がある店舗が展示店舗です。

なお、展示ホイールは、17インチガンメタポリッシュ、17インチシルバーのどちらかとなり、どちらが展示されているかも一覧の中に記載がありますのでご確認ください。

365リーフレットについて

展示キットには画像のsmartline365のリーフレットが添付されております。

リーフレットにはsmartline365のサイズ一覧および簡単な商品説明を記載していますので、smartline365についてより詳しく知りたいという方はぜひお手に取ってご覧ください。

※リーフレットの数量には限りがございますことご了承ください。


smartline365の塗装色について

smartline365には、ガンメタリックポリッシュ・シルバー・ブラックの3色があります。ただし、全サイズに3色設定があるわけではございません。使用する車両ブランド・車種に合わせてそれぞれ設定色を設けております

下記に色別のメリットとデメリットを簡単に紹介しますので、カラー選びの参考としていただければ幸いです。


smartline「365」ガンメタリックポリッシュ


各輸入車ブランドの純正ホイールでの装着率が高くなってきているポリッシュ加工(切削加工)が施されています。キラキラと輝く切削面が高級感を感じさせます。

各車純正ホイールを彷彿とさせる雰囲気を求める方に最適です。

切削ホイールの特性上、切削部分の錆の発生を防ぐため、こまめなメンテナンスを必要とすることがデメリットです。


smartline 「365」シルバー


ホイールの定番色シルバーです。

どのようなボディーカラーへもマッチする点やホイール表面のお手入れのしやすさ、キズがついても目立ちにくいなど、やはり多くのメリットがあるカラーです。

輸入車の悩みのブレーキダストの汚れが目立つ点はデメリットと言えるかと思います。


smartline 「365」ブラック


近年要望の増えてきているブラックです。

車をシャープで、スポーティーな雰囲気にするカラーです。輸入車の悩みのブレーキダストの汚れが目立ちにくいこともメリットです。

ブラックですので、ボディー同様に洗車キズが付きやすいことやホイールを縁石等にこすってしまうとキズが目立つことがデメリットです。



お車に適合するsmartline365のホイール情報が検索できます。【車種別ホイール検索】にお進みください。


取扱店舗のご紹介


smartline365のホイールは日本全国のカー用品店、タイヤショップなどでご購入・取付いただけます。下記ボタンよりお近くの取り扱い店舗を検索いただけます。
また、smartline365の展示店については、店舗名後に【smartline365展示店】と表記されています。

TASの取扱店舗検索

エリア条件、
店舗名からお店を検索することができます。